私の化粧スタイル

私は20歳からお化粧を始めたのですが、最初はお化粧の仕方もわからず超適当でした。

 

母に教えてもらって化粧水をつけ、その後UV下地をつけます。

 

そしてこの後ファンデーションを塗るのですが、当時若かったのでドラッグストアのパウダーファンデをパタパタとはたいただけでした。

 

 

それでもそこそこの肌が完成していたので、若さって素晴らしいと思います。何度かコスメを変えたりしたものの、基本はずっとパウダーファンデを塗り込んで完成させていたのです。

 

 

あの頃に戻りたいな・・なんて遠い目になりそうですが、今ではパウダーファンデだけでベースメイクを完成させる事が出来ません。

 

 

 

肌の粗が目立ってしまいますし、パウダー独得の粉っぽい感じが露わになってしまいます。肌に馴染んていない感じが一目で分かるので、見た目も汚く思えます。歳を重ねたなりに肌が乾燥しやすくなっており、パウダーでは肌がカサカサになってしまうのです。

 

 

 

このままではいけないと思い、一度リキッドファンデにシフトしました。しかしリキッドならではのべたつきや重さ、肌への負担も気になり、リキッドは使いこなせないまま過ごしました。パウダーでは粉っぽい、でもリキッドならではのべたつき感も好まない・・そんな私の救世主になってくれるファンデを見つけられないまま時は過ぎ、結局パウダーファンデのままで35歳を迎えたのです。

 

 

 

でももう限界が分かったので、この機会に友達が使っているBBクリームを試してみる事にしました。BBクリームは肌に良い美容成分がたっぷり入っているらしく、本当かは謎ですがBBをつけたまま夜寝るのも可能なのだとか。

 

 

しかもこの度顔のムダ毛を脱毛したので、パウダーファンデよりも、リキッドやBBクリームの様に肌に密着するタイプの方が、肌への相性が良いのだそうです。顔の脱毛は勇気が入りましたが、実際行ってみると肌の透明感が違います。

 

 

 

なにより自分で処理する手間が省けますので、かなり楽です。BBクリームをつるんとしたむき卵状態の素肌に乗せると、吸い付くような感覚で元気な素肌を表現してくれます。しかもBBなので潤いも保たれるし、素肌を労わってくれるので安心です。

 

 

 

その上にルーセントパウダーをささっとのせるのですが、今風のヘルシーな素肌を表現したいのなら、“パフでふわっと”よりも“ブラシでツヤッと”の方がお勧めです。私は歌舞伎ブラシを愛用しています。歌舞伎ブラシでくるくるとパウダーを含んだ後、同じ様にくるくると肌に乗せていきます。

 

 

 

脱毛していあるので肌なじみも良く、自然なのにきちんと感も加わるのです。やっと長年使っていたパウダーを卒業できました。BBクリームの存在に顔脱毛のお蔭も手伝って、朝のメイク時間が大幅に短縮できそうです。